岐阜県芸術文化顕彰・奨励者表彰式

UPDATE : 2019.03.30

Artist

Other

岐阜県芸術文化顕彰・奨励者表彰式

2019年3月28日(木)ぎふ清流文化プラザ

https://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11146/30geizyutubunnkakennsyousyoureikettei.data/negekomi.pdf

https://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11146/30geizyutubunnkakennsyousyoureikettei.data/chousyo.pdf

芸術文化の分野で優れた業績を挙げた個人、団体をたたえる2018年度の岐阜県芸術文化顕彰・奨励の受賞者が決まり、表彰式が28日、岐阜市学園町のぎふ清流文化プラザで開かれた。顕彰は脚本家北川悦吏子さんら3人、奨励は3団体2人が選ばれ、古田肇知事から表彰状を受けた。

 県主催の芸術文化表彰としては最高位で、1951年度から実施。表彰式で古田知事は「地方創生は、古里への誇りや愛着がある人を育てることが重要で、受賞者の皆さんはまさに体現している」とあいさつした。

 受賞者の公演会があり、北川さんがトークショーで、脚本を手掛けたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」を振り返ったほか、能や子ども歌舞伎が披露された。

 受賞者は次の皆さん。

 【顕彰】▽個人 北川悦吏子(脚本家、美濃加茂市出身)玉井博祜(能楽師、岐阜市)丸山幸太郎(郷土史家、揖斐郡池田町)

 【奨励】▽団体 いび祭子ども歌舞伎保存会(揖斐郡揖斐川町)垂井曳●保存会(不破郡垂井町)関音楽劇の会(関市)▽個人 千早保之(郷土史家、中津川市)原田正則(画家、高山市)

CHISATO USUI

CALLIGRAPHY